他の病気との関連

逆流性食道炎の原因になる症状

逆流性食道炎はもともと日本人には少ない症状であったことから、現在発症している人の多くは食生活や生活習慣が由来していることが考えられます。

逆流性食道炎は食事をしたときや空腹時に胃の中で胃液の分泌が過剰となってしまうため、収まりきれなくなったものが逆流して喉を通る食道にまで上って行ってしまうという症状です。

そのため生活習慣などとは別に、食道部分の括約筋がゆるくなってしまったり、あるいは別の症状により胃液が過剰分泌されるようになってしまうと逆流性食道炎が誘発されやすくなります。

食道と胃をつなぐ噴門では下部食道括約筋という筋肉が開いたり閉じたりして食物の移動を制御していますが、加齢などで筋肉が弱くなると開け閉めがうまくできなくなり、逆流性食道炎の症状が起こります。

また胃と食道の間には横隔膜が壁となっているのですが、こちらも同じく筋肉が弱くなってくるとうまく境をつくることができずに胃の一部が横隔膜の食道側に飛び出し、そのためうまく括約筋が動かなくなってしまうこともあります。

こうした横隔膜に胃の一部が飛び出してしまう状態のことを「食道裂孔ヘルニア」といいます。

逆流性食道炎によって起こる別の病気

また逆流性食道炎は長く症状を放置しておくことで別の病気を誘発してしまうということもあります。

逆流性食道炎が原因となって引き起こされる病気としては、喘息や喉頭炎、虫歯、中耳炎といったものがあります。

喘息や喉頭炎は、頻繁に胃液が食道部分を逆流してくることで強い酸の力で食道部分が傷み、それが咳やのどの痛みという症状を起こすものです。

同じく胃液が逆流してくることにより、口内で歯を腐食したり、耳に通じる孔に炎症を起こしたりすることもあるため、虫歯や中耳炎も起こりやすくなってしまいます。

これらは逆流性食道炎によって起こる病気の比較的初期の段階でも発症しやすいものなので、よく胃液が逆流してくる感覚があるとともに、喉に違和感があったり声がかすれてうまく話せないようになったというときには早めに受診をして胃液過多の状態を抑える治療を受ける必要があります。

放置によりガンになってしまうことも

逆流性食道炎は胃液が口の中にこみ上げてくるという非常に不快感の大きなものですが、それだけで症状がとどまってくれるならばそれほど深刻な病気ではありません。

ですが長くその状態が続くことにより、胃液の逆流が常態化してしまって食道の一部が胃の一部として置き換わってしまう「バレット上皮」という症状が引き起こされてしまうことがあります。

バレット上皮は長期的にはガン細胞になってしまうことも多いので、大変危険な状態として早めに治療をする必要があります。

バレット上皮が起こりやすいのは主に高齢の男性で、最初に述べた食道裂孔ヘルニアも同時に起こっている人により多く見られます。

Comments are closed.