激しい胸焼け・吐き気

覚えているのは、この病気は胸焼けがすごく酷かったということ。
胸焼けって、食べ過ぎたときに出てくる症状じゃないですか。
でも、食べてもいないのに焼けるようなカンジになっていて、それがすごく気持悪くて。
わたしは胃腸が悪いから滅多に食べ過ぎることはありまえんでしたし、その時だって別にたくさん食べたわけでもないのに、すごく胸やけがしたのです。
胸焼けがあったとしても、大抵は時間をおけば良くなりますよね。
そう思って、わたしも横になるなどして回復を待ったのですが、ぜんぜん良くならず。
このあたりから「これは、ただ具合が悪いだけじゃないな」と思い始めました。
だって変ですよね?食べてもいないなんて胸やけがするなんて。
しかも、一過性ならともかく、その症状がずっと続くんですから。

この時のわたしは、ひたすら「おかしい、おかしい・・・」と思っていました。
この時点で病院に行けばよかったのですが、仕事が忙しくてぜんぜん行くことができず、それがすごく悔やまれます。
もっと早くに行動をしておけば良かった!と今は思います。
確かに仕事が忙しかったけれど、その後には結果的に仕事をやめることにやってしまいましたし。
とにかく、この「おさまらない胸焼け」が、「いつもの吐き気」とは違うと思ったもののひとつかな。

ますます酷くなる吐き気(涙)
胸焼けが酷くなると同時に、吐き気もパワーアップしました(汗)。
「なんでこんなに吐き気がするの?変でしょ?」とひたすら思っていたくらい、この吐き気もすごくつらーいものでした。
お腹から喉まで、何かが競りあがってくるようなカンジが抜けない。
吐くときって、すっぱい何かが喉を逆流してくるのわかります?
それが原因で「オエッとなるわけですが、わたしもまさにその状態で、ずっと「吐く、吐く」と思っているカンジでした。

友人が「そんなに気持悪いなら、思い切って吐いちゃえ」というのですが、はけないんですよね・・・どうしてなのか。
すっごい気持悪くて、常に「吐きたい~」と思っていたのがこの時です。
今書いてて思う。
こんなの普通じゃない!

この吐き気も、どんなに対策してもぜんぜん良くならなくて、「おかしいな」と思っていました。
この時はぜんぜん気付かなかったな~っていうのがあります。

この時のわたしは、「胃腸の状態が悪化した」とだけ思っていました。
まあ、それもある意味当たりなんですけど(笑)。
胸焼けと吐き気は、代表的な症状だったと思います。
辛かったな~。

Comments are closed.