注意したい食べ物

逆流性食道炎を悪化させてしまう食べ物

逆流性食道炎が疑われるときには、まず生活習慣の改善から行っていきます。

逆流性食道炎の原因になる食生活としては、夜遅くまで食べること、早食い・大食いをすること、脂分が多いものや刺激が強いものを多く食べることなどが挙げられます。

ですがこれらをきちんと守って規則正しい食生活をしていても、メニューによってはむしろ症状を悪化させてしまうこともあるので注意が必要です。

逆流性食道炎の症状が起きている時というのは、全体的に胃腸の調子が悪くなっており、消化に時間がかかったりうまく消化器官を通過させることができなくなってしまっています。

なので症状がひどいと感じたなら上記の注意事項をきちんと守るだけでなく、食べる食材や調理方法にもきちんと留意しておくことが重要になります。

胸焼けを起こしやすい食べ物を知る

まず最初におさえておくべきなのが、胸焼けの原因になりやすい食べ物です。

逆流性食道炎になると朝起きたときや食後に胸焼けがしてお腹が苦しいと感じます。

そうした胸焼けの原因は消化不良で、自分自身の消化能力を超えたものが入ってきたことでうまく体内で内臓が機能せず、痛みという不調症状になってしまうのです。

すなわち胸焼けを起こしやすい食べ物とは消化しにくくいつまでも胃の中に残りがちになってしまうものということになるので、特に度合いがひどいものはピンポイントで覚えておくようにしましょう。

まず胸焼けに最も悪いとされるのが、ハムやベーコン、ウインナーといった加工肉製品です。

これらは動物性の脂分が非常に多く、また塩分もかなり多めに含まれていることから消化に時間がかかり、胃に大きな負担をかけてしまうことになります。

他にもタコやイカ、貝類や佃煮などの海産物も消化がしづらく胃に長く残って負担を大きくします。

野菜でも、じゃがいもやさつまいもといったイモ類や豆類は食物繊維が多く含まれていることから消化に時間がかり、弱っているときには負担をかけてしまうことになります。

これだけは絶対に避けておくべき食品

上記にいくつか挙げた食品はあくまでも「できるだけ食べない方がいい食品」ということであり、食べたらすぐに症状が悪化するというほど悪質なものではありません。

むしろ食事内容を気にするあまりに偏食気味になってしまうと体内の循環環境が悪くなることもあるので、食べ過ぎに注意して少しずつ上手に食べていく分には問題はありません。

絶対に食べてはいけない食品もいくつかあるので、それは治療中には口に入れないようにしましょう。

まず避けたいのがアルコールやコーヒーなど刺激が強い飲み物です。

特に空きっ腹でブラックコーヒーを飲んだりすると健康な人でもかなり胃に負担をかけてくるので、毎朝飲むならコーヒーではなく白湯や豆乳などにしておきましょう。

それと食べ物ではありませんが、喫煙も同じくらい胃に大ダメージを与えます。

熱すぎるもの、冷たすぎるもの、刺激が強いものなどを避けて、体を労った食事内容を考えて実行していってください。

Comments are closed.