油断はできない!

●とはいえ、再発の危険もあるので…

あんまり考えたくないですが、逆流性食道炎というのは再発の危険もありますので気を付けて生活をしないといけないなと思っています。あんな辛い病気が再発したらキツイですからね~。

で、逆流性食道炎の再発を防ぐには「薬を飲むこと」が一番だそうです。

逆流性食道炎の状態が良くなってきたからと言って、勝手に「もう薬はいらない」という選択をしてしまうのはご法度だそうで、あくまで医師の指示通りに薬を飲むのが大切だとか。

私も、良くはなりましたが逆流性食道炎再発防止のために薬を処方してもらっているので、再発しないようにしっかりと対応をしたいと思います。時々「もういいかな」と思うこともありますが、あのころの苦しさを思えば「ちゃんと治療しておこう!」と誰もが思うと思うので。

 

●医師のいうことを聞かない人が多い

これは私が逆流性食道炎になってから感じたことですが、どんなに逆流性食道炎になって苦しんでいても、いざ病気がよくなると「薬を飲まない」と油断してしまう人がとっても多いとか。確かに、病気がなおってまで薬を飲むってあんまりないかもしれないけど、これを続けるかどうかで再発しないかどうかが決まってくるので、きっちり医師のいうことを聞いておきたいですね。

私も、病気が良くなってからはつい「もういいか」などと思ってしまうことがあります。

でも、そういう時は「ダメダメ、気持ちを引き締めていかないと」と思い直して、「気を付けないとなた再発するかも」と思い直すようにしています。そうしないと、またいつか逆流性食道炎で苦しむことになってしまうかもしれませんからね。

実際、逆流性食道炎の再発で苦しんでいるという人は少なくない様です。

再発すると、また病気を1から治療しなおさなくちゃいけないので、そのことをかんがえると「きちんと対応しておく」ということが一番なんですよね。

今はできるだけきちんと薬をのみ、再発しないように備えている感じです。

 

どんな病気でも、「もう一度なるかもしれない」ってことがあるじゃないですか。

それを思えば、あんまり油断はできないなって思うので、今も気を抜かずに頑張って薬を飲んでいます。中には医師の指示を破って「薬をやめる」と勝手にしてしまう人がいるみたいなんで、そういうのはダメだなと私は思いますね。やっぱり医師の指示には意味があると思います。

勝手にやめて再発、ということになると医師にも怒られそうだし、私はコツコツ薬を飲み続けていこうと思います。

 

 

Comments are closed.