食べたらすぐ横にならない!

●食べてすぐ横になるのはまずいらしい

最近知ったのですが、食べてすぐに横になるのは良くないそうです。

まあ、「食べてすぐ横になると太る」ってよく言いますよね。血糖値が上がるから運動をした方が良いとも…。

でも、食べてすぐ横になるのは良くないって聞きますよね。

で、食べてすぐ横になってしまうというのは逆流性食道炎にとっても良くないとか。

横になると胃の流れが逆流してしまう可能性があるそうで、それが逆流性食道炎につながるみたいなんですよね。

なるほど…と思いました。確かに、胃の流れと逆に寝たら胃液が逆流して逆流性食道炎になりますいと思いました。もちろん、胃の流れと同じ様に寝ればいいのでしょうが、私みたいな一般人には「どう寝ればいいのか」が良く解らないですし。そう考えると、「食べたら横にならない」ということは徹底した方がいいのかもと思いました。まあ、食べてすぐ寝ると太るので、そういう意味でも避けた方がいいですものね。

最近は、食べた後は必ず何かをするようにして「すぐに寝ない」ということを心がけています。

ダイエット的にも、絶対にそっちの方がいいですもんね♪

 

●でも、姿勢を変えればいいみたい

でも、横になるにしても「「姿勢次第ではOK」とされていることが多いです。

仰向けになって、上半身を起きるみたいにしたらいいみたいですね。それだと、寝転んでもきちんと消化したものが下にいくようになりますので、寝ても大丈夫みたいです。なるほどね~、姿勢によって寝転んでいいかどうかが決まるってびっくりですね。まあ、こういう情報もありますが、私はやっぱり「なるべく横にならない」ってことでがんばりたい…。だって、やっぱりダイエットのことをかんがえるとね…。

寝ている最中に姿勢がひっくり返る可能性もあるし、それだとやっぱり体には良くないですし。

だから、私は色々なことをかんがえた上で「寝ない」ということを選択しています。

 

●もう一度なってしまう恐怖がどうしてもあるので

やっぱり、私はまだ「また逆流性食道炎になるかも」という恐怖から抜けることができないので、「できるだけ逆流性食道炎にならない方法」を選択したいと思うのです。

逆流性食道炎になったときのとっても悲しい思い出があるので、どうしてもあの時に戻りたくないという気持ちが強くなってしまうんですよね…。逆流性食道炎にもうならないように、頑張っていきたいと思っています。ぜひ、がんばってこの健康を維持したいと思います。

 

 

Comments are closed.