逆流性食道炎だった私の友達がうつ病に

最近になり、私の友人がうつ病を患っていることがわかりました。

うつ病になんてなることが考えられないような、いつも元気が良い子だったので、正直言って「うつ病になった」と聞かされたときはつらかったです。正直「うそでしょ」と思いましたから・・・。

なぜうつ病になってしまったのか、それは仕事先で嫌なことを抱えて、どん詰まりになったみたいです。

仕事が辛いと全部崩れちゃうその気持ち、わからなくはない・・・。彼女が働いている業界はとっても忙しいことでも有名だから、仕事の忙しさも原因だったかもしれません。

とにかく今は覇気がじない状態で・・・なんともしてあげられる状態じゃないのですが、私がたまにあって励ますというカンジです。そんなことくらいしかできないのが歯がゆいですけどね…。

 

●うつ病ってキツイ

彼女が病気になって、初めて鬱についてたくさん勉強をしました。

「こんなに辛いものだったんだ・・・」と、悲しくなる思いでした。うつって私はあまり詳しくないのですが、本当につらい症状なんですね・・・。私の大事な友達が悩まされていると思うと、ちょっと他人事とは思えないです。

うつ病って、すごくつらい病気なんだな・・・と、本当に思ったので。

彼女は私の大事なお友達。だから支えたいと思って、たくさんの本を読んでいます。

まず「頑張れ」という言葉はダメとか…これ、すごく解るんです。私も逆流性食道炎になった時に「頑張れ、きっと治るから」って言われたんですが、そんなこと簡単に言わないで!って思ってました。なにを頑張るんだろう?って思ってたので、これが嫌だという人の気持ちはよく解ります。

あと、外に出たくない気持ち・・・。彼女は本当はすごく明るくて活発な子だったので、「外に出たくない」「誰にも会いたくない」という彼女をみるのは正直辛い・・・。

でも、私もそういう時期があったからこそ「彼女のことを支えたい」と思うんです。

甘いと言われるかもしれないんだけど・・・余計なお世話と言われ かもしれないけど…。

でも、辛い思いをしてきた経験も私はあるので、その経験を活かすような支えをしていきたいです。

病気になったのは辛いことだし、もう二度とあんな思いはごめんです。

でも、それだけじゃなくてその経験を活かして何ができるかを考えなくちゃいけない。本当に、私にできることを真摯にやっていきたい。そう思うばかりです。私も逆流性食道炎で辛い思いをしてきたから、その経験を活かして寄り添うということをしていきたい。苦しんでいる人のためになることをやっていきたい。そんな風に思います。

 

Comments are closed.