逆流性食道炎の予防法

運動量が減っていることも関わっている

逆流性食道炎の予防について案内しています。
治療方法の案内ではないので、そのことを理解した上で記事を読んでいただけると幸いです。

まず、どうして今になって逆流性食道炎が有名になったのかというと、若い人が逆流性食道炎に悩まされるようになったからです。
逆に、高齢者の場合は昔も今も大きく変わっていないという特徴があります。
なぜ若者が逆流性食道炎になりやすくなったのかというと、若者の食生活に大きな変化が見られるようになったからです。

例えば、逆流性食道炎の予防でも良く見られるものに運動量がありますが、運動というのはまったく取っていないと老化につながりやすいと指摘されています。
運動をしないでいるとメタボリックシンドロームなどの問題が起きやすいと言われていますが、メタボリックシンドロームと逆流性食道炎は密接に関わっている問題でもあるのです。

メタボリックシンドロームが確認できる若者の場合、食事などを定期的にしか行っていない状態のため、運動をされても栄養が体に上手く回らない状況が続きます。
1日3食を意識して食事されていれば問題ないのですが、人によっては2食未満、もしくは4食以上という生活状況を繰り返しているのです。
すると胃酸の量が多くなり胸焼けすることが多くなります。
胸焼けは、メタボリックシンドロームが確認できる人で良く見られる症状でもあるので、すでにこのようなトラブルを抱えている人は、もしかすると逆流性食道炎になりかけているかも知れません。

次に運動量が挙げられます。
運動が少ないとメタボリックシンドロームになってしまうと良く指摘されていますが、運動が少ないと胃酸の量が不安定になりやすく、いきなり大量に出てしまうこともあります。
これが炎症の元になってしまうため、適度な運動は逆流性食道炎に効果的なのです。
安易に逆流性食道炎を予防できる薬品に頼るより、まずは健康習慣の見直しから改善を図っていきましょう。

食べ物は流し込まない

逆流性食道炎の予防方法その2ですが、食事はしっかりと噛んで行うようにしたほうが良いです。

胃腸というのはいきなり水が流れ込んでくる、もしくは大量に食べ物が流れ込んでくる場合に胃酸を多く出してしまいます。
水分の過剰摂取は胃腸を冷やす結果になりますし、胃腸そのものが病気になりやすくなるため危険です。

なので、良く噛んで食事を摂るようにするだけでも、逆流性食道炎の予防につながるのです。
食べ物を流し込んでしまうクセがある人は、なるべく食事の前に食用油を小さじ1で良いので舐めておきましょう。
食用油を舐めると食欲が落ち着きやすいので、食事中も食べ物をあまり流し込まなくなります。