アルコールは要注意

刺激のあるものは全体的にNG

アルコールでもそうですが、逆流性食道炎にかかっている場合は刺激のあるものを取ってはいけません。

刺激のあるものは胃酸の分泌を促進させてしまいますし、その際には胃腸を傷めてしまう可能性があるので、あまり取らないようにしたほうが良いのです。
なので、色々と言われている逆流性食道炎ですが、刺激のあるものはすべてNGなのだと割り切っておきましょう。
アルコールなどはもってのほかです。

ただ、誤ってアルコールを摂取してしまっても問題ありません。
胃酸が分泌されると言っても、即時に大量の胃酸が分泌されるわけではないからです。
胃酸の分泌が気になる人は、水道水で問題ないので水道水を多く摂取するようにしましょう。
胃酸は水道水などの水分を摂取することで、あまり刺激のない状態に変えることもできるのです。
ただし、アルコールを長時間かけて飲んでいる場合、逆流性食道炎が酷くなってしまうことがあります。

なので、アルコールを飲んだら水も飲むと覚えておき、アルコールばかり飲まないようにも注意しましょう。

このようにアルコールをあまり飲まないようにするのは良いことなのですが、人によっては以下のような行動を取ってしまい、結果的にアルコールを良く飲んでしまうという人もいます。
まず食事量ですが少な目で調節する必要があります。
食事が好きな人の場合、食事と水分の摂取はセットになっていることが多いため、いつの間にかアルコールを摂取してしまうことがあるのです。

次に塩分がきつい食べ物を食べるのも良くありません。
のどが乾きやすくなるため、どうしてもアルコールが欲しくなってしまいます。
後、ストレスをためこんでしまっては元も子もないので注意してください。
ストレスをためこんでいるなーと感じる時は、ちょっとだけアルコールを飲んでストレスの解消に役立てましょう。
1滴も飲んではいけない!と決めつけていると、アルコールを少し飲んでしまってから飲むのを我慢できなくなります。

逆流性食道炎はストレスとセットになっている特徴もあるので、ストレスをためこんでいる場合は、ストレス解消を急いだほうが賢明です。

どうしても飲まないといけない場合は?

人との付き合いで、どうしてもアルコールを飲まないといけない時は、逆流性食道炎の疑いがあることを伝えておきましょう。

近年では、あまり酒の席に呼ばれることがない時代とはいえ、忘年会のようなイベント時にはどうしてもアルコールが出てきます。
今まで同僚や友人と一緒にアルコールを飲んでこなかった場合は、どうしても酒を飲んで付き合いを良くしたいという主にかられますが、このような時ほどハッキリと飲めないと断っておいたほうが良いです。